動画制作で就活学生を惹き付ける効果を高める

最近では人手不足が顕在化し、中小・中堅企業では優秀な人材確保が益々困難になりつつあります。

大企業なら就活生が多数集まってくれるものの、中小・中堅企業では中々大企業の様には会社訪問してくれる事もありません。そんな中で商工会議所や自治体や民間のリクルート会社が開催する合同企業説明会は自社をPRする貴重な機会です。しかし合同である事により、集まった企業の中で自社に就活生を惹き付けるには工夫が必要となります。一般的なパターンでは時間を区切って、人事担当者等がパンフレットを配布し、自社を精いっぱいPRしますが、中々自社の良さを理解してもらうのは難しいものです。

そんな時に動画制作し、放映した上で質疑応答すれば、就活生を惹き付ける効果が大幅にアップします。質疑応答が活発化すれば、その中で自社がぜひ欲しいと思える就活生に目星を付け、積極的に勧誘する事も可能となります。良い人材は確保したいが、求人の為だけに動画制作の費用を掛けるのはもったいないと考える企業もあるでしょう。しかし動画制作した映像を営業マンがタブレットで持ち歩けば、新規顧客の開拓にも有効活用でき、求人活動以外にも活用できるのです。

昔から百聞は一見に如かずと言います。一生懸命説明するよりも自社の特徴や仕事の現場を映像化して見てもらえば、見た人の理解は飛躍的に向上するものです。今回紹介した自社PR以外にも企業活動の中で動画制作して活用すれば、効果が高められる分野は色々とあるはずです。映像の威力をぜひ体感される事をお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *